スポンサードリンク

2012年08月11日

北欧家具や照明 ヤコブセンデザインのカトラリー

歴史に残る名建築「SASロイヤルホテル」や「セントキャサリン大学」などを生み出しているアルネ・ヤコブセン、彼は建築だけではなく、北欧家具や照明などさまざまなジャンルで優れた作品を残しました。

彼の作りだす有名な建築の影に隠れてしまっていますが、その中でもヤコブセンがSASロイヤルホテルの為にデザインした「AJ CUTLERY」はシンプルでいて完成度が高く、時代を超えて多くの人々に愛され続けているまさに知る人ぞ知る一品です。

S.キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』の中で使用された事でも有名な一品です。
発表から半世紀を経た今でも当時と同じく未来的な雰囲気を持ち洗練された印象を私たちに与えます。

使うのがもったいなくらいにきれいな曲線は見ているだけでもため息がでてしまうほどです。

飾っておくだけで絵になる宝石のようなカトラリー、しかし美しさのみならずちゃんと使いやすさも考えられています。

何度もアイデアが練られ、何度もスケッチを重ねたそうです。
持ち手から先端にかけての流線型のラインが美しく、無駄がそぎ落とされた非常にシンプルなデザインなので結婚など何か特別なお祝いの品として贈ると喜ばれるでしょう。

シンプルでかつデザイン性も高いヤコブセンデザインのカトラリー、北欧家具の木でできたシンプルなデザインのダイニングにもとても似合うのではないでしょうか。
posted by 暮しと生活 at 20:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

北欧スタイル 薪ストーブ

北欧スタイルを実現させてくれるのが薪ストーブではないでしょうか?

北欧家具に薪ストーブが揃えば、気分はもう北欧、薪のぱちぱちという音を聞きながら寒い冬、おうちでの暮らしを楽しむ……。

ここ最近ではエコブーム、灯油の高騰などで暖房代節約の為に薪ストーブの需要が伸びてきています。
薪ストーブを自宅に設置となると大変そうな気もするのですが、大丈夫なのでしょうか?

別荘やログハウスなどの暖房というイメージが強いようにも思う薪ストーブですが、市街地の住宅にもちゃんと設置できます。

実際、設置件数が最も多いのは東京都なのだそうです。
そのような住宅の混み合ったところで煙などが近所に迷惑をかけるのではないかと心配される人もいるのではないでしょうか。

しかし、現在日本で販売されている薪ストーブは、欧米の厳しい基準に基づいて作られたものがほとんどなのだそうでで、そのような製品には二次燃焼システムなどの高い機能が搭載されているため煙がでることはほとんどないそうです。

ただ、建物の周辺の環境によっては、設置が難しいところもあるそうなのでその点は注意が必要でしょう。

住宅の周辺に高層ビルが建っている場合、高木の茂みがある場合は気をつけなければなりません。
まずは専門家に相談するのが安全です。

また、薪の入手方法は薪ストーブ店に薪の販売しているお店を紹介してもらい購入しましょう。
最近は、ホームセンターでも売っていますが、アウトドア用のものが多く、一般家庭で使う薪ストーブの薪には向かないものも含まれていますのでチェックしてから購入するようにしましょう。
薪ストーブは北欧家具との相性ばっちりです。
posted by 暮しと生活 at 20:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

イッタラ (iittala)の人気お鍋 日本のおかまのような見るからに重そうなお鍋、キャセロール

映画「かもめ食堂」で登場した主人公サチエさんのキッチン。


洗練された調理器具の数々、食器はもちろんフライパンやお鍋、全てが素敵でした。
心を奪われてインターネットで検索したという人も多いのではないでしょうか。

印象的だったのが、日本のおかまのような見るからに重そうなお鍋、イッタラのキャセロールではないでしょうか。

この「イッタラ (iittala)」の人気お鍋キャセロールは、北欧の伝統とモダンデザインを見事に融合したデザインでデザイン賞を受賞したすごいお鍋なんです。

木製のハンドルで鉄のお鍋もフタも持ち運ぶ事ができ、そのまま北欧家具のテーブルへドスンと運ぶことも可能です。

また、デザインがいいのでそのままテーブルに運んでもおしゃれに見えてしまう一品です。

熱くなった鉄のフタを木製のハンドルで開け、皆に料理をとりわけるのも食欲をそそりますね。
また、お鍋とフタの内側はホーロー加工なので、清潔で、使い勝手も考えられています。

しかし、お鍋自体が重いので洗う時は、多少大変かもしれません。
価格は、3万円前後くらいで、普通のお鍋と比べるとやはり高価なものですが、北欧家具同様、北欧のこだわりのお鍋なので、「かもめ食堂」のようなキッチンスタイルに憧れている人にはおすすめの一品です。
posted by 暮しと生活 at 11:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

北欧のテキスタイル、「北欧」の雰囲気満載で人気のアイテム

イケアのテキスタイルは、「北欧」の雰囲気満載で人気のアイテム、お部屋のイメージを北欧風にしたいなら、まずテキスタイルを変えると部屋の雰囲気が一気に北欧になります。

IKEAの布アイテムは、スウェーデンならではの個性的な柄や色が特徴で、窓にはカーテン、壁面にはお気に入りの布をパネルにして飾ってみたりテーブルのコーディネイトやクッションなどといったように部屋の雰囲気作りにははずせないアイテムです。

テキスタイルとは、専門用語のようであまり馴染みのない言葉なのですが、意味は「織物」「布地」という意味で、ファブリックとほぼ同じような意味合いを持ちます。

布使いを上手にできるようになると、非常に部屋がすっきりしてみえます。
インテリアの雑誌では、いろいろな人のお部屋が載っていますが、皆さん布使いも工夫しているようです。
例えばいろいろな物を収納できて便利なカラーボックス、収納力も抜群でお部屋の整理には欠かせません。
しかし、それをお部屋にそのまま置いていると中身が丸見えてしまい、生活感丸だしになってしまいます。
そこに突っ張り棒やワイヤーを取り付けて、クリップで好きな布生地を挟んで吊り下げることで、目隠しにもなるうえにおしゃれな仕上がりとなります。

北欧のテキスタイルはおしゃれなものばかりなので、北欧らしい色使いがお部屋のアクセントにもなります。

北欧家具だけをお部屋に配してみても、あたたかみや重厚感などはでますが、どこかおもしろみに欠ける気がしませんか?
そんなふうに思った時は、好みのテキスタイルで部屋を演出すると、部屋がいきいきしてくると思います。
北欧インテリアや北欧家具が、人気ですが北欧のテキスタイル、布も一緒にチェックしてみるのも良いでしょう。
posted by 暮しと生活 at 12:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

高級枕やマットレス「テンピュール」

高級枕やマットレスでは日本でも有名なテンピュールも北欧デザインのものだということをご存知でしょうか?

実際にテンピュールの枕やマットレスに体をうずめてみると柔らかすぎず硬すぎず、何とも言えない体にフィットした感じがします。
このちょうどいいフィット感が、体に負荷をかけることなく安眠へと導いてくれるのだそうです。

テンピュールについて少し説明してみると、1960年代にNASAがスペースシャトル計画をしている時に宇宙飛行士の体にかかる重力を少しでも和らげるために開発された素材であるヴィコエラスティックホームを基に、スウェーデンのファゲダーラ社が、病院やホテル、一般家庭でも利用できるよう商品化することに成功した、NASAの宇宙飛行士でも使える程の研究に研究を重ねられた本格派の画期的素材でつくられた商品です。

枕やマットレスの他にもいろいろな製品があり、ルームシューズや靴のインソール、ビジネスバッグのショルダーストラップなどテンピュールの柔らかいフィット感を生かした製品が数々あります。

そんな中で一際、目を引くのがチェアです。
テンピュールの心地よいクッションと北欧家具、北欧インテリアの洗練されたデザインとが合わさったおしゃれなチェアで、「親と子が一緒に本を読むための椅子」など、北欧家具、インテリアの温かみのあふれるユニークなチェアがあるのも北欧の会社らしいところではないでしょうか。
posted by 暮しと生活 at 16:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

北欧生まれのマリメッコ マリメッコをはじめとする北欧生まれの生地が日本でも大人気?

北欧の生地はなんであんなにかわいいのでしょうか?
マリメッコをはじめとする北欧生まれの生地が日本でも大人気なのだそうです。
人気のマリメッコは今では日本中にショップもあります。

大柄の花模様のシリーズはとても人気のようで、バッグを持っていてもとても目立ちます。
マリメッコは、1951年にフィンランドで生まれまれで世界的に知られるフィンランドのテキスタイル・メーカーです。

テキスタイルというのと馴染みのない言葉ですが、意味は、「織物」「布地」という意味です。

マリメッコとは、フィンランド語で「マリーちゃんのためのドレス」という意味があるそうで、今ではテキスタイルのみならず、バッグ、洋服、キッチン用品まで様々なバリエーションのアイテムを手がけています。

もちろんお部屋作りにマリメッコのテキスタイルもおすすめです。
一気に北欧テイストのお部屋に変身するでしょう。

素朴であたたかみのある北欧家具との相性もよく、北欧家具のみのお部屋に比べて「遊び」をプラスしてくれるのがマリメッコのテキスタイルの良さと言えるでしょう。

マリメッコの名前を一躍世界に広めたのは、1958年にケネディアメリカ大統領夫人のジャクリーヌ・ケネディがマリメッコの生地で縫製されたドレスを着たことで一躍注目の的となったそうです。
posted by 暮しと生活 at 13:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

北欧家具?国産家具メーカーカリモク

日本にもまるで北欧家具?とおつもわず見間違えてしまうような人気の家具メーカーがあります。
それは、「カリモク」です。
カリモク60の革張りのソファや丸いフォルムのローテーブルなどをインテリアに使用しているカフェもよく見ます。

重厚なソファに腰かけて、飲むコーヒーは一段とおいしく感じるのではないでしょうか。
どこかレトロな雰囲気を醸し出すカリモクの家具。木のあたたかみを感じることができるところは北欧家具の良さと似ています。

近頃のコストパフォーマンス重視の使い捨てのような家具とは違い、北欧家具を作る職人の精神と似たものを感じます。

カリモクの家具もまた、年代を超えてずっと愛用できるような作りの家具です。

木や天然素材のものに囲まれて生活を送っていると、室内にいても自然を感じることができ、日々の暮らしがやさしい空間に包まれます。
posted by 暮しと生活 at 21:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

北欧家具とは?

北欧のインテリア、北欧雑貨、北欧家具、北欧デザインなどは独特でどこかあたたかみがあり、かわいいものも多いですよね。

近頃では、立派にインテリアの人気の分野にまでなっていますが、そもそも北欧とは私たち日本にはなじみのない国という印象はないでしょうか?

北欧と呼ばれる国々とは、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランドの5つの国のことをいいます。

ちょうど北海道と似たような気候だと言えばわかりやすいでしょう。
環境問題、福祉問題に熱心に取り組み、その分野では優れた先進国であると言われています。

以前に、ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本を中心に「北欧アート」は一大ブームになり、今でもその人気は揺るがず、今の「北欧インテリア」や「北欧家具」というシーンを確立するまでに至りました。

北欧家具の魅力はなにかというと、洗練されたデザイン性、木など天然素材をふんだんに使っているものが多く、どこかあたたかみを感じられるところではないでしょうか。

シンプルで重厚で上品なので、日本のお家のインテリアでも受け入れられやすく人気となっています。

どのような空間にも自然となじんでしまう雰囲気が、年代を選ばず人気の理由なのかもしれませんね。

シンプルであるがゆえに少々地味な印象もありますが、お部屋にどーんと北欧家具があるとやはり存在感があり、お部屋の重厚感がぐっと高まります。
そのためお部屋のポイントに北欧家具を置いてあるお家もたくさんあるようです。
posted by 暮しと生活 at 12:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

北欧の木と照明 パイン材バーチ材

長く厳しい冬を過ごす北欧の人々は、一年の大半を家の中で過ごします。
そのような環境で家の中でもあたたかく心地よく生活したいという彼らのライフスタイルからに生まれたのが北欧家具です。

北欧家具の魅力は、飽きのこないシンプルなデザインと機能的で長く愛用できるよう設計された実用性にあります。
素材は木を多く使われたものが多く、パイン材、バーチ材がよく使われ、木のやさしいぬくもりを常に感じながら生活することができます。

パイン材とは、欧州アカマツと呼ばれる北欧産の松のことで、とてもやわらかい素材で、傷がつきやすく気候の変化で多少の収縮やヒビが生じてしまうことがあります。
また、使っていくうちに、飴色に変化していくという特徴もあります。

バーチ材とは、フィンランド産の樺材のことで、硬い材質と均等で緻密な木肌を持ち、反りなどの狂いが少なく、水に強く粘りや強度もあって磨くだけで艶も出る為、床材や家具材として多く用いられます。
素朴でシンプルかつ暖かみのある素材です。

家具選びの際にも、このような木の特長を知っていると便利だと思います。
また、使っていくうちに木の味わいが増して変化していくのが魅力です。

北欧では、照明は全体を照らすものより白熱灯のスポットライトのようなあたたかみのある照明が多く使われています。
posted by 暮しと生活 at 16:00| 北欧家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

家電量販店独自のキャンペーンとは

エコポイント制度というと、グリーン家電普及促進事業として政府が音頭を取って行われている事業ですが、その一方で、多くの家電量販店では独自にエコキャンペーンを実施しています。

エコポイント制度とは別に、家電量販店独自のキャンペーンを展開し、それぞれの裁量の範囲内でサービスを展開しているというものです。

ビッグカメラなど大手の家電量販店が積極的に行っているので、そういったお店で最近買い物したことがあるという人には、覚えがあるかもしれません。

店舗独自のサービスなので、エコポイント制度のポイントと合算するなどのサービスは行えません。

ですが、たとえばグリーン家電を購入した場合は店のポイントが数倍になったり、あるいはエコポイント制度の対象家電であるエアコン、冷蔵庫、テレビ以外の家電、たとえば洗濯機や温水洗浄便座などのような商品に対して、グリーン家電であるとその店舗が認めている商品に関しては、特別にポイントを上乗せするなどのサービスが主に行われているのです。

中には、グリーン家電ではない物にも特別なポイントを与えているお店もあります。

posted by 暮しと生活 at 07:17| 家電 エコポイント制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。